黒猫の足跡

石の話や人形の写真、ゲーム日記や日々の徒然を綴ります。

ムーンストーン。


f:id:kuronekopapi:20190414185229j:image

ムーンストーン原石。

おまけのブラックマイカとアクアマリンも。

 

なかなか写真では写らないきれいなブルーも、パステルならこの通り!

モデルは手持ちの石ですが、理想を描けるのがパステルの良いところですね。

 

さて、久々に石の話など。

先ほどからムーンストーンと言っておりますが。

 

実は鉱物の分類上、「ムーンストーン」という石は無いのです。

どういうことかと言いますと。

長石と呼ばれる石のグループのなかで、「シラー」という光の反射効果を持つ石を総称して「ムーンストーン」と呼ぶのだそう。

 石の本来の名前はサニディンやアノーソクレース、ペリステライトやホワイトラブラドライトなど。

石の成分の割合によって名前が変わるため、見ただけで厳密に区別はできません。

そして、「シラー効果」とは、青色や白色の光の反射光沢のこと。

つまり、レインボームーンストーンは厳密にはムーンストーンではないわけですね…(虹色の光の反射は「イリデッセンス効果」「ラブラドレッセンス効果」と呼ばれるため。)

石としては同じグループなので、分類は間違っているわけではないのがややこしい。

昔鉱物学者のかたに「そもそも月は虹色に光りません。」と言われたのが印象深くて、私のなかではレインボームーンストーンムーンストーンじゃない、というのがしっくりきてます。大好きなんですけどね。

正しい名称はレインボーフェルスパーといった所でしょうか。

やっぱりムーンストーンのほうが綺麗な印象ですが。

 

さらに、ムーンストーンの中でも色々名前がついてます。

「オレンジムーンストーン」や「グレームーンストーン」は石そのものの色から。

ブルームーンストーン」は青いシラーの出ている石ですね。

「ホワイトムーンストーン」は石もシラーも白く、一番お月さまに近い印象かも。

スリランカで採れる特に美しいブルームーンストーンは「ロイヤルブルームーンストーン」、オーストリアのアデュラー山脈で採れるもので特に美しいものは「アデュラリアムーンストーン」と呼ばれます。

 

このように大変ややこしい石なので、あまり名前にこだわらず見た目の好みで選んで正解の石だと思います。

とくに、元々見た目で名前のついた石ですし。

アデュラー産でもクオリティの低いものとか、インド産で滅茶苦茶キレイなものとかも有りますからね。

 

さて、ムーンストーンのパワーですが。

伝統的に月の力と結び付きが強く、

「予知」「癒し」「愛」の石とされます。

特に、「未来の恋人の姿を占う」「永遠の愛を守る」なんてロマンチックなものも。

欠けては満ち、夜を巡る月そのものの力を宿していると考えられますね。

ただ、先に述べましたが石としては様々な種類を内包したグループです。

大筋では違わないものの、癒しの得意な石もあれば直感系に働く石もあり。

魔除けや富、中には財運系や勝負運で働いてくれる石も。

神話とか見ると以外と月ってアグレッシブですからね。

見た目のほんわかしたイメージだけではない力を持っています。

 

目の前の石がどの系統のムーンストーンなのか。

よく見極めないと、パワーを上手く借りれないことも…

特にブレスレットなどは産地や石の種類がバラけている可能性が

あり、うまくまとまってない事があります。

浄化とパワーチャージをしっかりして石とコミュニケーションをとり、

得意分野を聞いてみてください。

ひょっとしたら、思いもよらなかった方向で働いてくれるかもしれません。