黒猫の足跡

石の話や人形の写真、ゲーム日記や日々の徒然を綴ります。

少女終末旅行、読破。(ネタバレなし)

昨日は週に一度のアニメの日。
…といっても、今期のアニメで父のお気に入りがゆるキャンとひなまつりと銀英伝くらいとのことで鑑賞はわりとあっという間です。
私的にはひなまつりかなぁ。
原作も読みたくなりました。
ハルタは何作か読んでいる作品はあったのですが、今までノーマークだった…。
ヒナとアンズちゃんの対比が面白い。
二人とも、境遇はおなじなのにね…
人に恵まれているのは共通なのかな。
原作だとどう描かれているんでしょう。

父のイチオシはゆるキャンみたいです。
車の免許を持っていない父ですが、
「原付…いいな…。」としみじみと呟いていたのでそのうち免許を取ってしまうかもしれない。
ギターしか弾けないはずなのにけいおん!の影響でベースを買ってしまった父ならあり得る。
ゴールデンウィークでセールしてたから…」とコミックも増えてました。
らきすたはちょっと疲れた。
4コマ漫画はぶっ通しで読むものじゃないな。(´・ω・`)
アニメは全話視聴できても、4コマ漫画は疲れるそうです。
そして、読ませてもらってメチャクチャ余韻に浸っているのが「少女終末旅行」!
週末なのか終末なのかでガラッと雰囲気が変わりますね、当たり前ですが!
なんとなくゆるキャンを見ながら読ませて貰いました。
週末にキャンプに行く少女と、終末でキャンプする少女。
キャラクターのノリは似ているのになぁ………。

一気に最終巻まで読んでしまいましたよ、ええ。
余白が多く、そのぶん想像の余地がたっぷりとあって、
じわじわと世界に入り込んでいきました。
読後のなんとも言えない余韻はここしばらく感じたことのない良い作品。
これは、今さらながらアニメを見たいし自分でもコミックが欲しい。
ポストアポカリプスもの、結構好きですがこれはしみじみと良作です。
しばらく余韻に浸ろうと思います。
全巻揃えてじっくり読みたいですね。