黒猫の足跡

石の話や人形の写真、ゲーム日記や日々の徒然を綴ります。

天珠との付き合い。

天珠のお話第2弾。

結局のところ、「本物」の天珠を手に入れるのはかなり難しいもよう。

チベットを含むアジア地域で広く用いられていた模様つきのビーズ型装飾品が、チベットで仏教の思想を取り入れて発展し、伝わってきたものが天珠、現地の言葉に寄せると「ジービーズ」となります、が。

厳密に分類していくと、現在販売されているものはその定義から外れていってしまうものがほとんどなのだとか。 作られた時代とか地域とかもかなり限定されるそう。

結局、天珠を持ちたい!という人が気にしているのは、 「本物かどうか」よりも、「効果があるかどうか」 なのではないでしょうか。 本物なら効果は保証されるはず!とね。 しかし、考えてみますと。 そんな凄いパワーをもった先祖代々伝わっているジービーズ、そう簡単に手放しますかね…?

手持ちの天珠が本物か近代に入ってから作られたものかはさておいて、少なくとも広義ではしっかりと天珠のはず! 効果が感じられなくて真偽を疑うのなら、自分が効果を引き出して子々孫々まで伝えれば良いじゃないですか(* ̄∇ ̄)ノ

そんな、天珠とのつきあい方。

f:id:kuronekopapi:20180418124759j:plain

まず、最低限自分の持っている天珠の模様の意味と名前は知っておくこと。 特に天珠を集めだすと、お店できいた名前を忘れてしまったり、ごっちゃになったりf(^_^; 手前のバングルは線珠と呼ばれる模様。 指輪は……ちょっと迷います(汗) 買ったときには「丸、三角、四角でかわいい~(*´∀`)」くらいのテンションで買いました、はい。 たぶん、仏眼、天地、一眼の模様なんじゃないかな…。 と、あやふや。 そもそも、指輪型やバングル型を天「珠」と言っていいのかどうか。お気に入りではあるのですが。

見た目の美しさに引き込まれてパワーを感じやすい天然石と比べると、天珠はなかなか「引き込まれる」感覚を得にくいかと。 そんなときは、自分で物語を組み立てるとパワーを感じやすいです。 ドールの持っているストラップは、 上から順に虎紋、虎牙、流水紋となっております。 毛並み美しく立派な牙を持った虎が、水辺に体を休めに来た…というイメージで作りました。 ちょうどこの時期にテレビで水浴びをする虎を見たのです。後ろ脚からそっと水に浸かる、なんともカワイイ映像でした。 虎の住む水辺は、普段はせせらぎの音穏やかな森の秘境。 ひとたび無頼な侵入者が悪意を持って訪れれば、 水辺の平穏を守るため獰猛となった虎が牙を剥く。

魔除け、安らぎと、石だとなかなか組み合わせにくいですが、天珠ではすっきりとまとまってくれました。 ここまでイメージができて、その情景が目に浮かぶようであればパワーも動いているとみて間違いないでしょう。 あとは、その動き始めた力が絶えないように、日々のお付き合い。パワーストーンと同じで浄化とチャージですね。 虎にご飯をあげるように、毛並みをなでるように可愛がり、水辺が澱まないように浄化をする。 あなたの傍らで日々を重ねるうち、天珠は「本物」のパワーを身に付けていくでしょう。

さて。 新入りの日月星天珠はどんな物語を紡ごうか… 模様を見ながらじっくり考えています。


人気ブログランキングへ